FC2ブログ

タンカフレッシュでレタスの鮮度保持テスト Tanka Fresh 

2016-05-20
昨年、野菜を香港まで船便で輸送するシーンをTV「ガイアの夜明け」で紹介されていた佐賀県のベンチャー企業

(株)炭化様のTanka Fresh 及び Tanka Fresh . UV という鮮度保持装置を弊社で取り扱う運びとなりました。


テレビ放送の内容は・・

香港のスーパーまでかかる日数は11日間。

これまでだと、船便での輸送は不可能なので空輸以外方法が無いというのが当たり前でしたが

Tanka Fresh.UV を搭載したリーファコンテナで送った野菜は

11種類のうち9種類が合格点(のこり2種類は梱包に問題アリ)という内容でした。

(株)炭化様から当時のデータを頂きましたが、野菜自体のロス率は0%!

ベビーリーフの水分量は出荷時から全く変化が無いという、驚異のテスト結果でした。

取り急ぎ弊社でもテストをするために

先ずは家庭用のタンカフレッシュ(エチレンガス等吸着材)をテストいたします。

DSC_2156.jpg

DSC_2157.jpg

DSC_2158.jpg

DSC_2164.jpg

ちなみにこのタンカフレッシュ(吸着剤)は1個108円。

家庭用の野菜室だと5個使用で、約3ヶ月ほど効果が持続するそうです。


また、上位機種となる業務用「タンカフレッシュ . UV」という装置は、この吸着剤の効果

(エチレンガス、アンモニア、ホルムアルデヒドの吸着)にプラスして

光触媒の効果で、空気殺菌(医療用無菌室にも採用されている技術)

エチレンガスの分解によるCO2濃度の向上で、酸素濃度を下げて色変わりや腐敗を防ぐ効果と

同じくガス分解による水素発生でみずみずしさを保ち、乾燥を防ぐ効果が認められています。

※湿度は最大95%まで向上

(価格は条件により異なりますのでお問い合わせ下さい)


この装置を使えば、生産者の方は今より美味しい状態の野菜を食卓まで届ける事が出来、

国内の貨物、トラック輸送業者の方は最適環境で野菜の運搬が可能になる事で差別化と安心安全な仕事環境を得る事が出来

輸出の際には、運賃の安い船便を使用する事が可能になり、海外まで販路を広げる事が出来ますし

価格競争にも対抗できるようになります。



(株)炭化のデータによると、吸着剤のみで約1週間、

装置を付けると約3週間程度の鮮度保持が可能になるそうです。

また、様々な品目に対応出来るよう、自社で何度もテストを重ねており、

モニター輸送でアジア各国に向けて輸出テストを繰り返されてあります。


近い将来、弊社のクールヨーカーにも搭載し、更なる鮮度を提供出来るようにしていく予定です。



お問い合わせは 0944(32)9357 エンキッチンまで


スポンサーサイト
tag :
<< topページへこのページの先頭へ >>